排気口のスズメ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2016/09/20時点
最新版ChefServerとChefDK(work station)のインストールメモ。

OS:CentOS 7
CPU:1コア
メモリ:1GB
HDD:150GB


初期環境はyumが使える程度のところから。

大前提
----------------------------------------------------------
・SELinuxとfirewalldを停止
・時刻同期をする。
・FQDNで名前解決できるようにする。
----------------------------------------------------------

絶対にやっておく。
もしどこかで突っかかったら、上記を再度確認すると解決するかも。


①Rubyのインストール。
----------------------------------------------------------
コマンド
# yum install ruby ruby-devel ruby-ri ruby-rdoc ruby-static rubygems

ログ
読み込んだプラグイン:fastestmirror
(略)
完了しました!
----------------------------------------------------------

yumはいいよ。依存関係も全部入れてくれる…。
思考停止でコマンド入力しました。


②Chef-Server-Core(ChefServer)のインストール。
 ver:12.8.0?
----------------------------------------------------------
コマンド
# rpm -Uvh /tmp/chef-server-core-12.8.0-1.el7.x86_64.rpm

ログ
警告:/tmp(略)
(100%)###############(略)
----------------------------------------------------------



ChefServerのバージョンは12の最新版をWEBから取得しました。
SCPを利用して、CentOS上に配置してrpm叩きました。
gemsとかでもできるらしいけど、何故かChef系だけrpm使いました。
もうわけわからん…。




③ChefServerの初期設定。(エラー)
----------------------------------------------------------
コマンド
# chef-server-ctl reconfigure

ログ
Starting Chef Client, version 12.12.19
resolving cookbook for run list: ["private-chef::default"]
(略)
=======================================================================================
Recipe Compile Error in /var/opt/opscode/local-mode-cache/cookbooks/private-chef/recipes/default.rb
=======================================================================================

Chef::Exceptions::ValidationFailed
----------------------------------
common_name is required
(略)
58>> common_name node['private_chef']['nginx']['server_name']
(略)
----------------------------------------------------------



どっばどっばエラー吐いた。
もうお前何言ってんの?状態。
とりあえず分かるのは、以下2点。
・Recipe(default.rb)でエラーが起きていること。
・common_nameは必須

とりあえず、中途半端な初期設定をした場合はやり直す。

[補足]ChefServerの初期設定リセット。
----------------------------------------------------------
コマンド
# chef-server-ctl cleanse

もしも止めたい場合は60秒以内にCtrl + C。
----------------------------------------------------------



英語にアレルギーを持っているので、ログも読まず手当たり次第確かめていく。

確かめたこと
----------------------------------------------------------
・firewalldとSELinuxのサービスが落ちているか。
 (上がっていた場合は落としました。サービスレベルもALLoff)
・/etc/hostsにサーバ自体の記載があるか。
----------------------------------------------------------


どれをやっても事象は改善されずお手上げ。
common_nameって言うぐらいだから、名前解決できないとかじゃないのー?と思っておりました。

本当にその通り名前解決だったわけですけど。



原因?
----------------------------------------------------------
FQDNの名前解決
(そんなに重要だと思っていなかった…。)

やったこと
・/etc/hosts
→ ループバックアドレスにFQDN で記載。
→ <自サーバIP><自サーバFQDN> を記載。

・/etc/sysconfig/network
→ HOSTNAME=<自サーバのFQDN> を記載。
→ DOMAINNAME=<ドメイン名> を記載。
→ service network restart でサービス再起動。
----------------------------------------------------------

設定が完了したら、
# chef-server-ctl cleanse
# chef-server-ctl reconfigure
を実行しました。

reconfigure実行後、尋常じゃないぐらいの初期設定ログが流れ続けました。


③ChefServerの初期設定。(成功)
----------------------------------------------------------
コマンド
# chef-server-ctl reconfigure

ログ
Starting Chef Client, version 12.12.19
resolving cookbook for run list: ["private-chef::default"]
(略)
Chef Client finished, 395/463 resources updated in 04 minutes 15 seconds
Chef Server Reconfigured!
----------------------------------------------------------

見たら分かるよう、4分ほどかかる。


④ユーザの作成と組織の作成。
----------------------------------------------------------
chef-server-ctl user-create 【user_name】 【first_name】 【last_name】 【mailaddress】 '【password】' --filename 【filename】
chef-server-ctl org-create 【short_name】 '【full_organization_name】' --association_user 【user_name】 --filename 【organization-validator.pem】
----------------------------------------------------------


適当に…【】でくくられているところを変更すれば…。笑
コマンド実行後、特に成功したとか記載がでないので
echo $?で0が返ってきているか確認しましたが、問題なさそうで何より…。




⑤Chef-Manageのインストール。
----------------------------------------------------------
コマンド
# chef-server-ctl install chef-manage

ログ
Starting Chef Client, version 12.12.19
resolving cookbooks for run list: ["private-chef::add_ons_wrapper"]
(略)
Chef Client finished 4/5 resources updated in 03 minutes 30 seconds
----------------------------------------------------------



manageを入れるとWEBでログインできる。
ブラウザを開いて以下にアクセス。
https://【ChefServerIPアドレス】/

が、Chefサーバをお探しですか? と聞かれる始末。
いやお前だろ、お前ChefServerやろ?と心の中で突っ込みたい。
画面キャプチャがないの悔やまれる。

manageの入れ方が悪かったのか、何が足りなかったのか分からないけど
Reportingもインストールしてみた。




⑥Opscode-reportingのインストール(必須ではない)
----------------------------------------------------------
コマンド
# chef-server-ctl install opscode-reporting

ログ
Starting Chef Client, version 12.12.19
resolving cookbooks for run list: ["private-chef::add_ons_wrapper"]
(略)
Chef Client finished 4/5 resources updated in 02 minutes 26 seconds
----------------------------------------------------------


これを入れても変わらず行方不明のChefServer\(^o^)/
よくよくいろんなサイトを読んでみたら、再度reconfigureをしなくてはならないとのこと。
③のコマンドを再度叩き、初期ログを見ながらぼーっとしてました。




⑦chef-server-ctl reconfigureを再度実行
----------------------------------------------------------
コマンド
# chef-server-ctl reconfigure

ログ
(略)
Chef Client finished, 22/409 resources updated in 01 minutes 01 seconds
Chef Server Reconfigured!

ついでに以下も実行

コマンド
# chef-manage-ctl reconfigure --accept-license

ログ
Starting Chef Client, version 12.4.1
resolving cookbooks for run list: [omnibus-chef-manage::default"]
(略)
Chef Client finished, 63/79 resources updated in 125.436693765 seconds
chef-manage Reconfigured!
----------------------------------------------------------


https://【ChefServerIPアドレス】/
んでやっと接続できたChefServer…。
ユーザとパスワードは、④で設定したやつになる・・・。


わー疲れた。
スポンサーサイト
使えるといいけど。

chef(シェフ)はRubyを使ったシステム構成管理ツール。

手順書がRubyのコード化されるようになる。
chefは冪等性を保証するため、何度やっても同じ結果となるらしい。
※書き方にもよるのか…。

・ 構成
"Chef-Server/Client 構成" "Chef-Solo 構成"
自宅だと "Chef-Solo 構成"出ないと無理。Chef-Zeroとかいうやつもあるらしい。

VMPlayerだと限界かな…。
・VagrantかVirtualbox

・CentOSを2台デプロイして、Chef-soloとKnife-soloの構成(または-zero)

・最終的に導入教育のレベルの構築がChef-soloでできれば。
ただのメモ帳。

花火の撮り方。

凄い単純に、基本絞ってシャッターを2~5秒開けてればいい写真になると思う。
単発と連発でISO感度を変えればよいのかなーと。

あと、三脚とレリーズは絶対に必須。
レリーズないのなら、セルフタイマーで代用できるけど
好きなタイミングで押せなくて、好きなタイミングでシャッター閉じれないからレリーズ必要。

BULBモードがあるならそれで。
レリーズ使ってシャッター開きっぱなしにする。

ないなら、4秒開放とかで代用。

単発系
基本F値は最大まで絞る。
ISO感度は800ぐらいで、シャッターを2~5秒開ける。
フォーカスはMFで、適当に合わせておく。
AFでも合わないことないのですが、時々シャッターチャンスを逃します。

ISO感度を400ぐらいにして、F値少し開けてもいいのかなーと思ったり。
今度やってみようかな。


連発系
F値は基本絞る。暗いところで明るいものを撮る時は基本絞る。
ISO感度は100か200ぐらいで、シャッターを2~3秒開く。
あんまり開きすぎてもごちゃごちゃして、明るいだけの花火の写真の出来上がり。
欲張らないことが大事なのかな。

開けっ放しにして黒い布を被せておくと、色々な花火を重ねられると聞いた。
やる勇気はない。
大体編集で合成できるし。

花火編集時、煙を消せたりできます。
けど煙のない花火って花火って感じがしなくて嫌い。


花火って案外簡単に撮れるからカメラ持ってる人は頑張ればいいと思う。



2MBまでじゃ大した画像は上がらんね。


花火1









花火2






花火沢山見たいなぁ。
馬鹿なことをしたと、後悔している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。